[琴平海洋博物館]
御 挨 拶
この度、香川県より公益財団法人としての認定を受け、平成23年4月1日より公益財団法人琴平海洋会館となりました。
今後とも公益の名に相応した運営をして参ります。
 公益財団法人 琴平海洋会館の施設である琴平海洋博物館(海の科学館)は、海の守護神として全国の庶民から崇敬されている金刀比羅宮があり、また、景勝の美で知られ信仰と観光で集散人口の多い環境に着目し、海事思想の普及施設として、昭和41年3月1日に開館、事業を開始致しました。
  当博物館のコンセプトは、「時空を超えた物語性」で、伝統的な琴平の町に似合うエントランスを入るとそこは、江戸時代の船着場。ここから、時空を超えた旅の始まりとなります。
 懐かしさを感じる町並みを抜け、まずは、5階へと上がります。5階の幻想的な映像の世界へ。まるで満天の星空の大海原へ投げ出されたような感覚です。
 次の4階は、物語の宝島。海にまつわる物語を楽しみ。3階は、海底の世界。海中洞窟をくぐり抜け、海底サロンへ。そこには、興味深い海事情報がいっぱい。2階企画展示室では、随時いろいろな企画展・特別展を開催。
 屋上では、ラジコン船で遊んだり、ゆっくり休憩したり、また、「動くブリッジ」で讃岐平野と遠く瀬戸大橋を眺望しながら船長気分に浸ることができます。
 この他、数多くの展示品・映像により、海への関心と知識を深められるよう広く皆様に親しみを持てる琴平海洋博物館(海の科学館)として、時代のニーズに即した運営を目指すと共に、内容の充実した博物館に努めてまいる所存でございます。
 役職員一同、皆様のご来館を心よりお待ち申し上げております。


        琴平海洋博物館(海の科学館)   館長 田井啓三 
メインページへメインページへ戻る